歴史・概要

 動物学教室は大正10年(1921)に動物系統遺伝学,動物生理生態学の2講座として発足した。以来次第に講座・研究室も増え,時代の流れとともに研究テーマも変わってきたが,自然史や野外研究に大きな比重がおかれていることは変わりない。現在、自然史学、動物科学、人類学の3講座に7分科がある。3講座の研究分野は、系統学、行動学、生態学、自然人類学、生態人類学、発生学、放射線生物学からなり、研究内容は多岐にわたる。動物学系としては、3協力講座、および連携・併任の1分科で構成されている。
 動物を対象とする領域は非常に広いために、各分科は学内の他の研究科や他大学、研究機関と密に協力しながら、教育と研究を行っている。その主たる目的は、動物をその環境と合わせて歴史的、総合的に理解することであり、ミクロとマクロの視点から多様なアプローチと方法論を駆使してその課題に取り組んでいる。動物学教室は常に先端的な研究を推進するとともに、これまで独創的な発想からさまざまな新しいテーマや学問領域を切り開いてきた。これは京都大学の自由な学風と闊達で創造的な討論の賜であり、大学院生にも積極的に研究に参加し、自主独立の精神を養うことを奨励している。実験系とフィールド系では研究の方法論が異なるが、早い時期から研究者としての発想、企画、検証、理論構築の能力を磨くように指導を行っている。博士前期課程では、課題に応じて適切な実験を実行できる技術や知識、フィールドワークを行うための基礎知識やデータの記録法を習得してもらうが、何よりも大切なのは自分で興味を持ったテーマや対象に魅力のある研究計画を立てられるかどうかということである。そのため、仮説検証型ではなく問題発見型の方法論を推奨することもあり、なるべくそれぞれの学生の個性と興味に合った研究を遂行できるよう個人指導を重視している。博士後期課程では、自らが先端的な課題を設定し、それを解く研究手法を確立し実行に移すことが主眼となる。さらに、採取したデータを適切に分析し、英語の論文にまとめて国際誌に投稿したり国際学会で発表するまで徹底的な指導を行う。また、研究者以外にも科学ジャーナリストや教育機関、博物館、行政機関などへ進路を希望するものには、各人の興味と能力に応じて助言や指導を行っている。